事前に知っておくべき注意点

故障内容を十分に把握しよう

iPhoneの修理をメーカー直営の正規店へ依頼する場合の注意点としてまず挙げられるのは、故障の状況を十分に把握しておくという点です。状況が分からずにいきなりお店へ依頼しても効果はありません。依頼する前に、いつから故障したのか、その思い当たる原因は何か、などをよく検討した上で、依頼するようにしましょう。その際には検討内容をメモ書きにまとめて整理しておくのも有効です。そうすれば、お店の人との会話もスムーズに行きますので効果的ですし、時間の短縮にも繋がります。このように故障したら慌てずに落ち着いて、メモ書きにして状況を整理することが大切と言えます。焦ってしまいますと時間と費用が無駄に発生しますので、注意が必要です。

複数のお店に声をかけよう

実際に修理となった場合、費用が掛かるケースと掛からないケースとがあります。費用が掛からなければ、そのまま修理を依頼しても問題ないのですが、費用が掛かる場合には一旦、そのお店とは小休止して、他のお店へ依頼してみましょう。メーカー直営の正規店の中でも、修理費用が掛かるお店と掛からないお店がありますし、掛かる場合でもお店によってその金額には差があります。したがって費用が掛かると言われた場合には、他のお店にも見てもらうようにしましょう。他のお店で費用が掛からないのであれば、そのお店に依頼すれば良いですし、もしそこでも費用が掛かると言われれば、前のお店と比較して金額の安いお店を選ぶようにしましょう。このように、お金が掛かると言われた場合には即決せずに、幾つかのお店と比較検討することもあらかじめ知っておきたい注意点と言えます。

iphoneの充電ができない症状になった時には様々な確認が必要になります。充電ケーブルの故障ではないか、コンセントは挿入できているのか等です。